ハナクソうんめぇwwww

面白い話

どうも、ジスさんです。

今までは前ブログの記事を加筆修正した記事をアップしていましたが、今回から新しい記事も途中にあげていこうと思います。

世間ではC96が終了ということで参加された方はお疲れ様でございます。前職の関係で前まで毎回コミケ参加していましたが、今では俺も無職。

あの地獄に行くこともなく優雅に涼しいドトールでブログ更新でございます。



さて今回のテーマは、ハナクソうんめぇwwww
ということで早速書いていきましょう。

新ブログ一発目の記事がこれかよ・・・っていうツッコミは置いといて。

ハナクソはうまい


まず最初に言っておくとハナクソはうまい。


俺は三度の飯よりハナクソが好きだ。

好きな食べ物ベスト10に入るほどハナクソに絶大な信頼を寄せている。


しかし悲しい事に、世間ではハナクソを食うことは汚いという認識があるようだ。


俺は悲しい。

非常に悲しい。

なぜこれほどまでに美味いハナクソが世間的に過小評価されているのか。

納得ができない。


そこで俺は決意した。


このブログでハナクソの魅力を存分に語り、ハナクソを食うという行為を正当化させようと。



タピオカの次のブームはハナクソだ!

そしてハナクソブームの先駆けとして、俺は世間の人気者でメディアに引っ張りだこ、という所まで俺の未来予想図は完成している。



おまいら見てろよ。


今にインスタで女子がハナクソ食ってる写真がオシャレとかインスタ映えとか言われ出す時代が来るからな。

そのうち藤田ニコルとかみちょぱあたりがインスタにハナクソ食う写真を投稿し始めるからな


常に時代の最先端を行くのがこのイケメン、ジスさんであることを証明すべき時が来たようだ。

ハナクソを食うという行為

基本的に現代社会において”ハナクソを食べるという行為は恥ずかしい”という世間の共通認識があるだろう。

その認識に関しては俺も同意だ。

俺は海外に行ったことがないから詳しくは知らないけど、ハナクソを主食にしている国というのは聞いたことがないので多分全世界共通認識だと思う。


つまりハナクソを人前で食べるという行為は現代社会において禁忌なのだ。


だから俺たち一流のハナクソラーは誰もいない時、もしくは自宅などのプライベート時に食べるしかないのだ。

決して人前では食べない。これを徹底するしかない。

うっかり人前で食ってしまった日には最後。

世間からは笑われ者。最悪社会復帰困難にまでなる可能性もあるだろう。


普段は誰しもが羨むイケメンとして前線に立っている俺ですら、気を抜いたら人前でハナクソを無意識に食ってしまう可能性がある。

人前でハナクソを食ってしまったら、いくら最上級イケメンの俺でも世間からの評価は下がってしまうだろう。

イケメンであろうとハナクソを主食にしていることがバレたらイケメンも台無しなのである。そこに関しては最善の注意を払って日々生活をしている。


だからプライベート空間でしか絶対にハナクソは食わないのだ。

逆に言うならプライベート空間での俺はハナクソを常に食していると言っても過言ではない。


鼻をほじり、取れたハナクソを確認し、生まれてきてくれてありがとう。

という感謝の意を込め口に含み、それを舌で転がしながらしっかりと味わい、そして飲み込むのだ。


この一連の流れが俺の唯一の癒しの時間と言ってもいいだろう。


ハナクソを食うだけで今日あった嫌なことを全てを忘れることができる。

ハナクソisGOD

ハナクソの味と食感

ハナクソを食べたことない人がまず最初に疑問に思うのが”味”だろう。

この章ではハナクソの味と食感について書いていく。


一言で言うならハナクソは塩味だ。

塩味と一言で済ますのは簡単だがただの塩味ではない。

実にちょうどいい塩梅なのだ。

実際の塩ほど辛くなく、簡単に言うならカルビーポテトチップスうすしお味のようなちょうどいい塩分が、口の中に素晴らしいハーモニーを奏でる。

正直人間の身体からこんな奇跡的な食べ物を生み出すことができる、という事実が凄すぎる。人間は自分自身で食べ物を生み出す機械と言っていいだろう。



俺は好奇心でいろいろな身体から出る物体を口にしたことがある。

メクソとハナクソは塩味でミミクソは苦いのはなぜだろう。

このあらゆるクソはどうして味が違うのか、昔から不思議に思っているが調べてないということは、俺はメクソミミクソにそこまで興味を抱かなかった人間なのだろう。

やはり俺はハナクソが好きなのだ、ハナクソだけを愛しているのだと改めて認識させられる。

目糞鼻糞という言葉があるが、この言葉を作った人もきっと俺と同じで身体が出るあらゆる物体を口にしていたのだろう。

そしてメクソもハナクソもどっちも塩味!じゃあ一緒じゃん!!という思いからこの言葉を作ったんじゃなかろうか。


そもそもハナクソは、鼻水と埃が鼻の中で突然変異し固まったものである。

鼻水の成分は体内のいろんな液体が混ざりあってできた液体だ。



実にロマンチックと思わないかい?

自分の体内で幾度となく巡り会いを重ね、その結果ハナクソとなり、ちょうどいい塩味の物体が出来上がるのだ。


そう、まさにハナクソは恋愛と一緒だ。

人間とハナクソは恋愛のようなもの。

かすかな巡り会いとタイミングで人間とハナクソは出会い、生まれるのだ。
なんて神秘的なんだろう。

俺たち人間はハナクソとの出会いに感謝し、食すことが大事なのだ。


食感に関しては個人差や体調によって異なるが、俺は少し水分が入り湿り気もありながらモッチリとした食感のハナクソが好みだ。

カリカリの固いハナクソも美味なのは間違いないが、カリカリハナクソよりモッチリ食感のハナクソは舌で転がす時間を多く楽しむことができる。

みんなの好みのハナクソはどんなものだろう。ぜひ教えていただきたい。

ハナクソに対する世間の評価

先日俺はツイッターにてアンケートを行った。正直サンプリングが全く足りないがこのような結果になった。


なんと、おいしいと思う評価”と”まずいと思う評価”が綺麗に半分に分かれた結果となったのだ。


この結果は正直びっくりしている。

ハナクソを食うことは汚いと思われてるかと思いきや、意外にもハナクソはおいしいと思う人も多いということがわかった。個人的にもとても嬉しい結果となったのだ。

同時に意外にハナクソをプライベートで嗜んでいる俺のような仲間が一定数いることもわかったのだ。


考えてみればハナクソを食う行為は子どもに多い。

俺も幼少期から日々ハナクソと共に過ごし食してきた。

子どもというのはじつに素直だ。


つまり素直な子どもがハナクソを食うという行為は、美味しいと思うから食うということであり、ゆえに他人の目を気にせず美味しいから食うのだ。


純粋。それが子どもだ。

大人になるにつれ他人の目を気にし、次第にハナクソを食うという行為を人間は遠ざけているのだろう。

しかし子どものように欲望には忠実であるべきだ。

ハナクソが奇跡的な配分で、ちょうどいい塩味であることは先ほど書いたとおりだ。

美味いものは素直に口にすればいいのだ。
素直に欲望に従え。
うめぇもんはうめぇんだ。

え?ハナクソって鼻水と埃が固まったものなんでしょ?そんな気持ち悪いもん食えるかボケカス!

という声があがるかもしれないが、俺はそこに関しては断固として異論を唱えたい。


先ほど書いたとおり、ハナクソは自分の体内の液体が巡り合い奇跡的に生まれたもの。それがハナクソだ。

言い換えるなら、ハナクソは自分の子どものようなものだ。

その子どものような愛しいハナクソを気持ち悪いなんて失礼極まりない。

おまえらは自分の子どもを気持ち悪いと遠ざけたりするのかい?

自分の子どもは愛するべきなのだ。だったら自分の子どものような存在であるハナクソもしっかり目で見て愛着を感じながら舌で転がし、しっかりと味わいながら飲み込み、生命に感謝するのが人間なのではないか。


俺はそう訴えたい。




いかがだっただろうか。少しでもハナクソの魅力について伝わっただろうか。

俺がこのブログでいくらハナクソの魅力について語ったところで、タピオカの次のブームをハナクソにすることは現状なかなか難しいだろう。

一番てっとり早いのは有名人や社会的権力を持った人がハナクソの魅力について語ることだ。

冒頭にも書いたが、藤田ニコルやみちょぱなどの今をときめく人気モデルが、ハナクソを食ってる写真をインスタ等にあげれば、ひょっとしたらハナクソブームはそう遠くない未来に訪れるかもしれない。

実際藤田ニコルとかめちゃくちゃ家でハナクソ食ってそうな顔してるしなぁ。(唐突のディスり)

安部総理がカメラの前で堂々とハナクソを食いながら

『えーハナクソを食すこと。これが人間に生まれたからには実践していただきたい義務なわけ、であります。』

と絶賛すれば国民のハナクソに対する嫌悪感は払拭されるかもしれない。


俺はそうなる未来を願っている。

人間とハナクソが共存できる世界になることを。



実際、現代社会ではまだまだハナクソを食べる行為は汚い行為として認識されている。


俺はその社会を変えたいのだ。


だから日頃からハナクソを嗜んでいる同士の諸君はこれからも食べ続けてほしい。

そしてまだ食べたことのない諸君やハナクソを軽視している諸君はぜひ一度ハナクソとしっかり意思疎通をしながら愛情を持って食べてみてほしい。

ハナクソに対しての見方が変わるだろう。

俺も人前では食べないが、これからもプライベート空間ではハナクソを食い続けていくだろう。


人間はハナクソを軽視しすぎなのだ。


夏本番で暑さもピークな日本。熱中症で倒れる人も少なくない。



そういう時はハナクソを食べて夏を乗り切ればいい。
ハナクソは塩味だ。塩分が含まれている。




ご飯のお供にハナクソ。
水分補給のお供にハナクソ。
料理がちょっと味気ない時は隠し味にハナクソを加えてみよう。
ちょうどいい塩分が逆にスパイスになり食欲増進も期待できる。

ハナクソの可能性は無限大だ。

ぜひともこれを読んだ読者諸君には素晴らしいハナクソライフが送れる事を願っている。


そしてタピオカブームの次はハナクソブーム。この野望は俺はまだ決して諦めていない。 俺たちハナクソマイスターの戦いは始まったばかりなのだ。


☆☆ランキング参加中。クリックお願いしますー☆☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へ

☆☆ランキング参加中。クリックお願いしますー☆☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へ

面白い話
スポンサーリンク
俺が俺である理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました