不倫して干された芸能人が再びメディアに出るのが納得できないって話

どうも、ジスさんです。

最近のマイブームは、働かずに一生遊んで暮らしている俺を妄想する事です。
意外に暇つぶしになりますし、妄想だけでなく形にしたいというモチベに繋がるわけです。


さて今回のテーマは、不倫して干された芸能人が再びメディアに出るのが納得できないって話。
ということで早速書いていきましょう。



最近。
というか定期的にあるのですが芸能人の不倫ニュースはよくメディアが取り上げてニュースにしますよね。


俺の前の記事にも書いてるとおり芸能人だろうが一般人だろうが、誰でも浮気や不倫はします。
それを普通はしないようにコントロールできるんです。

しかし芸能人となると自分が芸能人ということでちょっと調子乗っちゃうんでしょうね。
結構多いですよね。


まぁ不倫した芸能人はだいたい活動自粛するので、そのまま干されて苦しみながら地獄でもいけばいいと思うんです。


でも、いるじゃないですか。
不倫して数年後に芸能活動再開するやつ。


俺はこれがどうも納得いかない。

しかもそういうやつが芸能界に戻ってきた時って、ちょっとヘラヘラしてません?
ヘラヘラというか、また売れよう。芸能界で頑張ろう。としてるのか知らないけど不倫した事をなんか誇りに思ってる感じがするんですよ。
すっげぇムカつくんですよね。あのかんじ。


まず不倫された側の気持ちを考えてみると、不倫したゴミがまたテレビでニコニコしてるわけじゃないですか。
これ相当心情的に地獄だと思いますよ。

俺の最も嫌いな不倫女が矢口真里です。
あいつ不倫する前から話す事も薄い内容しか話さないし、マウントとったりするし、顔もバンジョーとカズーイのグランチルダに似てるしめちゃくちゃ嫌いだったんですよ。


で、元旦那の”中村昌也”とか不倫された時メディアで結構頑張ってたと思うんですよね。最近全然見ないけど。
去年有吉反省会に出演してた時、あの事件はもはやネタにしてる。と語ってましたが今の俺と同じだなって思ってちょっと安心した記憶あるけど。


ネタにできるようにまでなると、だいぶ精神的に安定してると言えます。
でも中村昌也今でもテレビに矢口真里出てきたら絶対チャンネル変えてると思う。


最近見ないといえばアンタッチャブルの柴田とかもですよね。

不倫されたのにあの会見当時は人間できてるなぁくらいに思ってたけど、俺も不倫されて離婚した身になってからはあの会見の時の柴田も心の奥底では絶対闇かかえてたと思うよあれ

俺が昔大好きな小倉優子も、不倫されて離婚した時も頑張ってましたよね。
今は再婚して幸せになってるようですが。



で、相手の気持ちになって考えたら不倫したやつってよくテレビ出れるなって思うんですよね。
俺には無理だね。


あとお茶の間でテレビ見てる視聴者が、そんな不倫してた奴見ていい気持ちになるわけないじゃないですか。

ベッキーとかもそうですよ。
なんであいつ未だにテレビ出て偉そうに恋愛感語ってんだって話。


ここで思うのが、やっぱり不倫するやつって相当常識はずれでキチガイだと思うんですよね。


あらゆる状況において、人間ってとりあえず謝罪したら許してもらえた。世間から認めてもらえた。
って思うわけですよ。


不倫したやつも同じ。
貞操観念がない。

不倫したやつは大抵これ。
その場では涙流しながら謝罪会見とかするんですよ。

ミヤネ屋で矢口真里が謝罪会見した時の、あの涙流しながらも心の底でヘラヘラした会見覚えてますかね。
謝罪したら許してもらえると勘違いしてしまうものです。



でも、不倫された本人は絶対許しはしない。


これは嫉妬とか妬みではなく、不倫された側に残る心の傷は深いものです。
この気持ちがわからないんですよね。不倫した側って。
まぁ当たり前っちゃ当たり前だけど。

加害者側の心情ってそんなもんです。
例えば犯罪を犯した加害者側ってのは罪を償って社会復帰するために刑務所に入ったりしますよね。

そんで出所した時って罪をつぐなったから気持ちを切り替えて頑張ろう、とか思うと思うんですよね。
社会的にはそれで許されたのかもしれないですが、実際被害を受けた被害者側ってのは絶対に忘れる事はありません。一生傷は消えません。

不倫は全く一緒ですよ。
罪の重さをわかっていない。

不倫は心の殺害なので本当したやつは死刑、もしくはずっと刑務所に入っていればいいです。

ただ日本は現状、不倫は罪に問われないので、少なくとももうメディアには出ないでほしい。
というか普通なら出ないでしょ。

もちろん加害者側にも選択の自由はあるので、芸能界で頑張ろうと思うのは勝手です。
しかし思うだけで実際メディアには出ないでほしいですね。
害しかないので。



たしかに人間は人生で一度や二度は失敗するものです。
しかしその失敗で傷ついている人がいる事を忘れてはいけない。
その傷つけた相手の気持ちを第一に考えながら生活しなければならない。俺はそう思うのです。


俺が不倫された事を例にするなら、俺と元嫁以外の第三者にとっては実際割とどうでもいい話なんですよ。
もちろん親とか親戚は関係はしてくるし、第三者もどっちが悪いだの相手にも悪い所があるだのいろいろ意見がありますが、結局のところ不倫した側と不倫された側の二人の問題なんですよ。


だったら不倫した側は不倫された側の事を第一に考えないといけないんじゃないですかね。

不倫された側の事考えたら、まず芸能界復帰なんてしないでしょ。
不倫された側はまずテレビで元嫁なんか見たくないでしょうし。
これ言ってる事わかるかな。


というか罪の意識が軽すぎる。
要するに人格に問題がある。
キチガイ。

不倫した芸能人は、まず二度と芸能界復帰しない。復帰しないまま首を吊って死ぬ。
不倫した一般人は、そのまま首を吊って死ぬ。


これを徹底していただきたいですね。

どうせ不倫するような奴を心の底から心配してるのって親くらいなもんなんだから。
他のやつらは内心鼻で笑ってます。

ね。
不倫したやつは絶対また繰り返します。
ね。
生きてても何の価値もないんだから。
死んで楽になりましょう。
来世は不倫しないような人間になる事を願いつつ死にましょう。


では今回のまとめ。

・矢口真里は害悪。
・ベッキーは害悪。
・不倫した芸能人は害悪。
・ゆうこりんは可愛い。

以上です。

では今回はこのへんで。

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました