今から17年前、当時48歳のおっさんと文通してた話

どうも、ジスさんです。


さて今回のテーマは、今から17年前、当時48歳のおっさんと文通してた話。
という事でさっそく書いていきましょう。


突然だがおまいらも昔仲の良かった友人や知り合い、しかし今は連絡も取ってなく何をしてるかわからないって人いるだろ?

実は俺にもいるんだよ。
今回はそんな昔話。

運命の出会い


時は遡り小学校6年生の頃。
この頃俺は謎に小倉優子にどハマりしていた時期で公式ファンクラブにも年会費を払い入会していた。
(公式ファンクラブであるFamiりんこのプレミアムサポーター会員番号1桁でしたというどうでもいい自慢。)

毎回届く会報とかどちゃくそ楽しみでそりゃあ隅々まで読んでたし、俺のファンレターが2回だけ会報で紹介された時はそりゃあ嬉しかったし、DVDとか無駄に30本くらい持ってたし、何回ゆうこりんでチンコしごいた事か。

ちなみにゆうこりんは15曲くらい歌も出している。
カラオケにだいたい曲入ってるし15年以上たった今でも多分振り付け完璧に覚えてるはずだから同士の諸君、是非ゆうこりんの曲縛りカラオケ一緒にいこう。


中でもビタミンLOVEのゆうこりんは本当に可愛いし、曲も普通によくて最高だ。

オンナのコオトコのコのPVもいいよな。
アニメ、スクラン1期のED曲でゆうこりんがスクランの制服着て歌ってるとか天使でしかない。

ゆうこりんのメジャーデビューシングルである恋のシュビドゥバはヒトカラで歌った時に最高に盛り上がる。
千回聴いても飽きない。パチンコCRアバンギャルドはコンサートリーチを見るためだけにめちゃくちゃ打った。





・・・





ごめん。
今回の記事ゆうこりん全然関係ないんだ。


そんなこんなで当時ゆうこりんにどハマりしてた俺だが、アニメももちろん見ていた。
小学校3年の時に出会い20年たった今でも大好きな最強の萌えアニメ、デジキャラットを愛してやまないごく普通の少年だった。


当時はインターネットがあまり発展してない時代だった。
当時俺が買って読んでいた愛読書のひとつに”アニメージュ”という雑誌がある。
その雑誌内に文通相手募集ページというコーナーが当時あった。

やべえこれ書いててすっげえ懐かしい。
当時買ってた人は懐かしい気持ちになる人もいるのではないだろうか。
今はインターネットで簡単に同じ趣味の人とコミュニケーションが取れるってのは本当にいい時代になったもんだ。前の記事でも書いたけど俺のガキの頃はアニメ好きなんて言った日には速攻学校でオタク扱い。とてもまともな学校生活なんて送れないような時代だ。
だから隠す。隠して生活をし続けていた時代だ。

だから俺は今でもオタクは気持ち悪いと思っているし、人からオタクと呼ばれる事が大嫌いだ。
お前オタクかよって言われたら、絶対にアニメやゲームが好きな一般人です。って答えるようにしている。




まぁそんな話は置いといて、俺にはその文通ページが当時とても輝いて見えた。
アニメ好きな事は隠して生活していたが、やはり好きなアニメを共有し話せるという事はとても魅力的だ。

当時オタクというのはコミュニケーションがとれない人がオタクだという風潮があった。
しかし俺は当時から実はオタクほどコミュニケーションを欲している人種はないとずっと思っていた。
実際それがニコニコ動画の発展などで顕になったわけだが。
この辺に関しては別記事で書いてるから省略するよ。




で、文通相手募集のページに応募したら、なんと俺の投稿がアニメージュに載ったのだ。
バリバリ本名とか住所晒してるからね。このご時世だと考えられねえわ。


小学6年生の男です!デジキャラットが大好きです!でじこの事を一緒に語ってくれる人募集です!デジキャラット以外のアニメも好きです!

みたいなかんじの文章だったと思う。うろ覚えだけど。
今書きながら恥ずかしすぎて顔真っ赤なんだけど。


雑誌に載ってから手紙殺到するかと思いきや2週間くらいたっても誰からも手紙が来ない。
まぁ実際はこんなもんだよなぁとか思ってたんだが、ある日ポストに手紙が入っていた。
母親はめちゃくちゃ不審がっていたが俺のテンションは最高潮。


一体どんな人が俺に手紙をくれたんだろう。
男の子かな、女の子かな。
男だったらチンコデカかったらいいな。女だったらおっぱいデカかったらいいな。

そんな事考えながら当時小6の俺はワクワクしながら手紙を開けた。





手紙の送り主は東京在住の48歳のおっさんだった。

おっさんと俺


おっさんじゃねえかwwwww

と心の中でツッコミを入れた俺だが、手紙の文章はそれはそれは魅力的な文章だった。

・雑誌を見て俺に手紙を送ってくれた事。
・おっさんもデジキャラットが大好きだった事。
・おっさんはぷちこ推しだった事。
・デジキャラットだけでなく、他のアニメにも詳しい事。


などの内容とともに、おっさんが描いたであろうへったくそなでじこのイラストが描かれた手紙だった。



俺はこの時ただただ嬉しかったのを覚えている。
離れていても、俺とおっさんはデジキャラットで繋がっているという安心感。
年齢こそ当時の俺の両親よりも上だったが、そのおっさんとこうして出会えた事に感謝した。


すぐに俺も手紙を書きおっさんに送った。

そこから2週間に1回くらいの頻度で、12歳の俺と48歳のおっさんの文通がはじまったのだ。
最初はデジキャラットの話や俺が見ているアニメの話で盛り上がり、イラストの交換なんかもしてた。

当時・・・まぁ今もだけど、アニメやゲームくらいしか楽しい事がなかった俺にとっておっさんとの文通はとても充実した日々だった。
おっさんと新アニメの話になった時、東京と山口では放送されているアニメに差がある事から徐々に話が合わなくなってきた事がある。そんな時もおっさんは山口で放送しておらず東京で放送しているアニメを全てVHSに録画して送ってくれていた。

これが本当にありがたかった。
このおかげで当時山口で放送されてなかったアニメを全部見る事ができたわけだ。

おっさんが毎週VHS3本くらいと手紙を送ってくれていた。
俺がそのアニメを見て、感想をおっさんに書いて送るという事を中学校2年までの約2年間ずっと続けていた。


しかし別れは突然だった。


結局俺が中2の頃にケーブルテレビを契約した事で普通にアニメを見る事ができるようになったし、山口でも普通に放送される深夜アニメが増えてきた事から俺が手紙を送るのを勝手に辞めて、そこから音信不通になるという我ながらクソっぷりを発揮して俺とおっさんの文通は終わりを迎えるわけだ。




まぁ生きてるならおっさんもう65歳だし絶対このブログ見てないとは思うけど、


おっさん、当時お世話になってた俺です。
デジキャラット好きな小学生と言えばわかるでしょうか。
元気に過ごしていますか?もし見てたら連絡ください。



あとゆうこりんは可愛い。マジでカラオケいきてえな。
おまいらも過去に仲良くて今は何をしてるかわからない人がいるなら連絡してみてはいかがでだろう。
久しぶりだと話も弾むかもしれない。


まとめが適当すぎる。

それではまた。

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました