今日は経血赤ワインで乾杯だ

面白い話

どうも、ジスさんです。


俺は生理の経血が大好きだ。



読者なら存じているとは思うが、高校時代はクラスの女子全員の生理周期を把握していたし、某掲示板の芸能人生理周期を考えるスレなんかに入り浸ったりしていた時期もある。
昔はよく母親や妹のナプキンをゴミ箱から漁って広げては、匂いを嗅いだりニヤニヤしていたものだ。
もし俺がフレンチ料理店を営むとするなら、生理の経血を採取して、ヒラメのムニエル〜今月の経血ジュレを添えて〜という料理を開発したいくらい好き。


ちなみに俺が高校時代の話はこちら。

そんな”平成が生んだ歩くルナルナ”と名高い俺様が、生理の魅力について書いていこうと思う。

やはり人に知られたら恥ずかしい

生理とは、年頃の女(正確に言うなら子どもを宿すことができる期間)に一ヶ月に一回訪れる期間。

生理中は生理痛と呼ばれる現象が起きる。
生理中に排出される”プロスタグランジン”の量が過剰に多いと、生理痛として腹痛や腰の痛みを引き起こすんだ。その辛さは俺にはわからんが、辛いとは思う。

また生理の前には、イライラしたり食欲が増したり、頭痛やめまいなどと言った症状が現れる。
通称”PMS(月経前症候群)”といった症状に悩まされる人も少なくないようだ。

大変だよな女って。

先に言っておくと、別に俺はそれをバカにしてるわけではなく純粋に生理という現象。
そしてそれによって出てくる経血がただ、好きなだけなのだ。

だから女の敵と散々言われてきた俺でも生理中の女には一段と優しい。
それが、イケメンである俺の使命でもあるのだ。



話を戻して、私生理です。
って公言しながら街中を歩く女はなかなかいないだろう。


ワキ汗フェチ日本代表の俺が言うと説得力があるかもしれないが、やはり生理もワキ汗同様に知られたら恥ずかしいのではないだろうか。
誰しもワキ汗はかくし、生理も女なら誰でもあることだが、人は基本的に隠す。


多分俺の好きなジャンルである”ワキ汗やパンツ、生理の経血の類”はおそらく普通にしててもお目にかかれないから惹かれるものがあるんだろうなと推測する。



そう。
普段見えないから興奮する。


これに尽きるんだ。
きっと俺にとっては、生理の経血も普段拝むことができない聖域だからこそ魅力を感じるのだ。


多分俺が、胸や尻にそこまで魅力を感じないのはそう言った理由なんだろうね。
シルエットでなんとなく胸がデカい小さいって判断できるし、スタイルがいい悪いも同じ。
極論、顔も可愛いかブスなんてすぐに判断できる。

そういった部分に興味がないわけではないが、見てわかる部分より見られたくない部分。
隠す部分に魅力を感じる。
俺はそこが知りたい、というわけだ。
今書いてて自分自身ですげぇ納得できたわ。

生理用品ですげぇいいもの見つけた

生理用品といえば、おまいらはまずナプキンかタンポンを思い浮かべるだろう。


ナプキンって最高だよな。
まず、パンツに貼りつけるってだけで素敵。
だって俺の好きなパンツとナプキンのドッキングするわけ。


まさに夢のコラボレーション

使用後にクルクルって巻くのも、なんかバームクーヘンみたいで可愛いよな。
俺使用済みナプキンをバームクーヘンですって言われて、おやつの時間に出された日にゃあ間違えて食べちゃうもん。むしろバームクーヘンよりナプキンのほうが食べたいもん。



タンポンは使用率が低いらしいが、あれも魅力的だよな。
見た目も線香花火みたいで風流だし、タンポン見るとあぁ夏到来だなぁってかんじする。
井上陽水もびっくりだよな。



しかし俺は”月経キャップ”という生理用品の存在を聞いた。


月経キャップとは、第三の生理用品。
2010年代前半から存在はしていたらしいのだが、知名度が低く俺も最近まで存在を知らなかった。

調査したところ、どうやら月経キャップは直接アソコにブチ込むらしい。
そして空洞部分に経血が溜まり、周りに経血が漏れるのを防ぎ、パンツの汚れも防ぐ。

半日以上入れたままでも大丈夫らしく、ナプキン変えるのめんどくさいと思っている世の女性の悩みを一気に解決してくれる。そして洗って何度も使用できる。

という生理用品界に突如として現れた新生。最強生理用品なのだ。


値段は5000円ほどが相場らしい。
ナプキンなどと比較すると値段は高いが、それに見合った便利さを考えると値段相応ではないだろうか。




ここまでは女目線で月経キャップについて語ったが、ここからは俺目線で語らせてもらう。

月経キャップは空洞部分に経血が溜まり、半日ほど経過したらそのキャップに溜まった経血を捨て、洗い、またぶちこむということだ。


その溜まった経血。
捨てるなんてもったいなくない???



ここに俺様という経血愛好家がいるのだ。

その溜まった血液、俺に飲ませておくれよ。

おまいらちょっともう一回月経キャップの画像見て。

ほらなんか下のほうにグラスの持ち手みたいなのあるでしょ。
しかもカラーバリエーションも豊富でお洒落だ。



つまりだ。



女から取り出した経血でいっぱいの月経キャップ。
それをそのまま俺が引継ぎ、持ち手を持って一気に飲み干す。




こんなwin-winな話あります??



もちろん俺様も紳士だからね。
なんと今なら飲み干した後のその月経キャップ、



特別に俺様が洗ってさしあげます!!


誰も損しない。
全てが素晴らしいよね。


月経キャップを見た時真っ先にこれを考えた。
月経キャップの中に溜まった経血ジュースのお供には、最高級ステーキやチーズなんかの豪華な食事がふさわしい。



近いうち俺も購入しようと思う、月経キャップ。
聴診器の次は月経キャップだ。
買って、月に一回の経血パーティを楽しみたい。



人生楽しくなってきた。
まだまだ俺は死ねねぇわ。

☆☆ランキング参加中。クリックお願いしますー☆☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へ


☆☆ランキング参加中。クリックお願いしますー☆☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へ


面白い話
スポンサーリンク
ジスさんをフォローする
俺が俺である理由
タイトルとURLをコピーしました