俺が不倫された時の話①

どうも、ジスさんです。



さて今回のテーマは、俺が不倫された時の話①。
ということで早速書いていきましょう。

この記事は俺の失敗談でもあり黒歴史でもある。
これを読んだ人で恋人や旦那や妻の行動や言動。
そして自分自身の行動や言動をもう一度見直すといいよ。

俺は、2017年12月に結婚し2018年5月に離婚しています。

つまりバツイチなわけですね。

最近はバツイチなんてよくある話ですし特に珍しくもないですが。


離婚の理由は元嫁の不倫。


俺のツイッターでは当時実況していたが、今から語る事は全て真実です。

ドラマかよww

とかよく言われますが全て事実。
我ながら未だに信じられないですがね。

あんまり書くとこいつ女々しいなぁとか思うかもしれないけど、書きたいこと書くと決めてるので書きます。
逆に言うとこうやってブログに書けるくらいまでメンタル回復してるってのもあるからね。
当時は本当にメンタル病みまくってましたし。

出会い




元嫁とは結婚する3年前から職場で出会い交際するように。

所謂社内恋愛ですね。

話してて楽しい人でしたし、当時はなんの不満もありませんでした。

交際当時過去の恋愛の話になって、高校時代に二股してた事があるんだよねww
とかその他にも結構いろんな事暴露されましたが、別に昔の話だし当時は特に気にしていませんでした。

実際付き合い当初からずっと同棲していたので元嫁の事はある程度理解していましたし、まぁ普通に結婚するだろうなと思っていました。

普通に出かけたりくだらない事で笑ったり、特に問題もない普通の恋人というかんじだったと思います。

元嫁が変わった時

結婚する半年ほど前に元嫁は会社の人に誘われ、FF14というオンラインゲームをはじめました。

俺もゲームはかなりしますが、俺はゲームは一人でするもの。という昔の考えの人間なので一緒にやる事はなかったです。でもFFは11と14以外は全シリーズプレイしているくらい大好きな作品だったんですよ。


この時俺は元嫁がFF14をやってるのを横で見てる程度で、脅威的な飽き性の元嫁だったこともありすぐに飽きるだろうなぁくらいに考えていました。

そして元嫁がFF14にハマりだした頃に普通に結婚しました。

はじめて書く婚姻届。
はじめて出す婚姻届。
それはそれは嬉しかったですね。

将来のこと考えて、俺も仕事頑張るぞい!とか思ってました。


元嫁はというと、結婚後だんだん元嫁がオンラインゲームに毒されていくのが目に見えてわかりました。


今思えば、めちゃくちゃ結婚のタイミング悪かったと思います。

先にお伝えしておくと、オンラインゲームの中毒性は本当に恐ろしいです。
皆さんが想像してる2億倍は恐ろしいです。

オンラインゲームの恐ろしさについてはまた別の記事で書きたいと思います。
お楽しみに。


結婚後典型的なオンラインゲーム中毒の症状になった元嫁。

仕事はかろうじて行きますが、家にいる時は常にFF14。
俺との日常会話も大体オンラインゲームの話。
ゲーム内のフレンドと常にボイスチャットで、新婚生活らしい会話はほぼなかったですね。

結婚して一ヶ月後、つまり1月は俺の誕生日だったんですが、オンラインゲームに毒された元嫁はもちろん俺の誕生日を忘れていました。別に祝ってもらう年齢でもないですし、祝ってほしかったわけでもないので別に何も言わなかったんです。

3日後に、突然元嫁が俺の誕生日を思い出したみたいで号泣しながら


『本当にゴメン。もうオンラインゲーム辞める』


と言ってきたのでちょっと嬉しかったのですが、2日間のオンラインゲームの休憩をしたのち、すぐにゲームの中の世界の住人に戻っていました。

オンラインゲーム地獄の開幕


時は過ぎ2月後半。
結婚して2ヶ月ほどです。


元嫁はオンラインゲームの住人にますます磨きをかけ、仕事の時間とゲームのメンテナンスの時間以外はオンラインゲーム。

エナジードリンク片手に朝までボイスチャットしながらゲーム。
数時間寝て仕事、帰ってまたオンラインゲーム
という生活になっていました。


ゲーム好きな俺からしてもそれは異常な光景でした。

実際元嫁には、たまにはどっか遊びに行こうぜ!とか、あんまり夜遅くまでやってるとマジ体調崩すぞ。などの言葉は定期的に言ってはいたのですが、俺があまり強く言わない性格であることからゲームを強制的に断たせる事まではできずにいました。

そして全く聞く耳を持たない元嫁。

最悪の事態へのカウントダウンは迫っているようにかんじました・・・。


俺は元嫁の母親、要するに義母と普通に仲良かったので電話で何度も相談していました。

俺よりも元嫁の事をよく知っている義母です。
とても頼りになる存在でした。


俺と義母が話し合いを重ねた結果、


どうせすぐに飽きる。しかし基本的にちょっとした事でキレる元嫁だったので、今はキレさせない程度に注意しながら様子見がいいだろう。


という結果に落ち着きました。
しかし、俺と義母はオンラインゲームの中毒性をこの時は甘く見すぎていました。


元嫁『私、、、FF14の中で本当に好きな人ができたかも、、、ジスさんの事好きかどうかわからない、、、』





忘れもしない2018年2月26日22時。

突然元嫁が放った”言葉のバーストストリーム”は、俺にとって想像もしていない一言であったと同時に、地獄の幕開けであった。


今回はここまで。
長い話になるのでシリーズに分けて書いていく予定。

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!


↓次↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました