俺が大学生になって体重がほぼ半分になった軌跡

どうも、ジスさんです。


さて今回のテーマは、俺が大学生になって体重がほぼ半分になった軌跡。
ということで早速書いていきましょう。

全世界6億人の俺ファンの女子のみなさんお待たせしました。
ダイエット記事です。この記事さえ読めば確実に痩せる事ができます。


さて、今までの記事で何度か書いているが、今では誰もが羨むイケメンである俺だが、高校卒業時は体重が100kgあった。しかも、高校卒業してから大学の入学式までの一ヶ月の間に更に10kg太りマックス110kgあった。
おかげで高校卒業して次の日に買いに行った大学入学式用のスーツが、大学入学式の日にパツパツで入らなかったという伝説もある。


俺は身長が174cm。
理想体重というのを調べたら61kg〜65kgらしい。

当時の俺、身長174cm。体重110kg。もう完全に北斗の拳で言うならゲイラだよな、これ。
まぁそんなかんじでただの歩く肉塊だった俺ですが、大学入学して一気に痩せた過程を書いていこう。


高校時代の俺は、

・朝飯。
・登校時にコンビニで買い食い。
・昼飯
・下校時ゲーセン前にコンビニで買い食い。
・ゲーセン終わったら近所のクソ安いラーメン屋でラーメンという名のおやつ。
・晩飯
・深夜アニメ見ながら夜食。

という一日7食というのが基本のルーチンだった。
日によって普通に3食だったりした日もあるけど基本平日は7食。
この時点でただの肉塊。
別に食いたくて食ってたというよりは流れでこういう流れだったんだよね。

で、大学生になってからというもの、一人暮らしになった俺は飯などは全て自分でやりくりしなければならないわけで。当時某有名レンタルビデオ屋でバイトしてた俺は、バイト代+仕送りを、飯に使うわけでなくゲームに費やしていた。

実家暮らしは、何もしなくても飯が用意される。親という存在は本当に偉大だ。

しかし一人暮らしをすると全て自由だ。
飯を食う時間、寝る時間、オナニーする時間、そして金の使い方。全てが自由。
俺は大学生になって飯を食うという時間を割いてずっとゲーセンで過ごしていました。

今も続けているが、ポップンミュージックというリズムに合わせてボタンを叩くゲームを高校からやっており、大学生になってから一日のほとんどを、ゲーセンでひたすらリズムに合わせてボタン叩いていた。
飯はだいたい一日コンビニでおにぎり1個とか2個で、飲み物は好きなだけ飲んでた。

そしたらね、2ヶ月ちょいでどうも当時履いてたジーパンが緩いんだよ。
ベルトで閉めてもズボン下がるし、ヤンキーがやってる常時腰パンみたいな。
まぁあんまり気にしなかったんだよ。それよりも俺はゲーセンでボタンを叩いていたかった。


その後ちょっとしてから、友人と銭湯に行く機会があった。
何気なしに、体重計に乗ってみた。


58kg
え??

58kg
体重がほぼ半分になっていた。
最初、ここの体重計壊れとるやろって思い、後日ドンキホーテで体重計買って乗ってみたらやっぱり58kgだった。

マジか。どおりでジーパンがこぶし3つ分くらい余裕があるわけだ。
ただゲームしてるだけで、ダイエット達成。

ありがとうポップン、本当にありがとう。
その事実を知って鏡を見た俺。
まるで顔の形が違うというか、正確に言うと顔の無駄な肉が全くない。

どこからどう見てもイケメンだった。
やはり体重で人の見た目ってだいぶ変わるなぁと。
自分のあまりのイケメンさに勃起してしまったのを今でも覚えている。


ここまでが俺が体重半分になった過程。
俺は別にダイエットしようとか思ったわけでなく、飯を食わずにゲームしてただけで、それが結果的によかったのかなぁと。不思議と飯を食わなくて体調不良になる事もなく、さすがに体重が半分になった事実を知ってからは一日2食くらいは食うようにしてるけど、リバウンドもしないという奇跡。

大学入って半年ぶりに親に会ったら、親からはめちゃくちゃ病気の心配されたけども。


もちろんオススメはしない。
飯を食わなかったら誰でも痩せるが、過度なダイエットは危険って言うし。
当時の俺みたいにゲイラみたいな見た目だとさすがにあれだが、人間マジで見た目じゃなく中身だと思ってるから。

よくたいして太ってもないのにダイエット頑張る〜とか言ってる女いるじゃん。
そんなん所詮タダのダイエット頑張ってる私可愛いアピールだからウザい。
世のブスはダイエットする暇があったら、中身を改善したほうがいい。


俺は中身が完璧だからこそ、見た目に気を使う余裕もできるってもんだ。
中身が完璧だからこそ見た目にも気を使える。世の性格ブスどもはそれをよく覚えておいたほうがいい。


とは言いつつもどうしてもダイエットしたい。と思う人はたくさんいるのも現実。
そんな人にある意味ダイエット成功した俺から一言アドバイスするとしたら、

飯を食う時間を惜しんでも熱中できる事を見つける。

これだ。本当に熱中してる時ってのは腹なんか減らない。なかなかダイエットしようと思っても意識すると、相当な根性がないと難しい。だったら飯を食う事を意識しなければいい。

逆転の発想だ。
1章から6章までは最高に面白かったうみねこのなく頃に風に言うならチェス盤をひっくり返すってやつ。
これを実行すれば痩せはするが、俺は大丈夫だったけど普通に考えたら体調悪くしそうだし、本当オススメはしないけどね。
まぁどうしても痩せたいなら実行するのもありかなぁと。
あとは普通に一人暮らしはしたほうがいいと思う。
飯を用意されるという安心感がなくなるから。

あとは気持ちだ。
痩せようって意識しちゃうとかなり根性がないと難しいって書いたけどこれマジだよな。

正直痩せる事を意識しすぎると、逆にストレスになって他の部分に支障をきたす。
俺仕事辞めて無職になった時半年で10kg太ったからやべえ痩せようと思ってるけど、全然痩せねえもん。

つまり、俺が考え出した飯を食う以外に熱中する事を見つけ、意識せずに飯を自然に食わず他の事に金を使う。これが最強。自己責任ではあるが是非試してみてほしい。責任は一切とらない。

てなわけで今回はこのへんで。

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました