福岡のとあるローカルCMが俺の人生を狂わしてる話

どうも、ジスさんです。


さて今回のテーマは、福岡のとあるローカルCMが俺の人生を狂わしてる話。
ということで早速書いていきましょう。

ローカルCMとは

ローカルCM。
それはとある地方だけで放送されているCM。

全国区で流れるCMとは違い、同じ地域の人だけがわかるCMだ。
中にはキャッチーなCMも多く、地元民が集まった時にめちゃくちゃ盛り上がる話のひとつと言っても過言ではない。

俺もローカルCMは大好きだ。

問題のローカルCM

そんなローカルCM評論家の俺だが、とあるローカルCMが俺の人生を狂わしている。

もっと言うなら俺の精神を蝕んでいる。

まずは問題のCM動画を見ていただこう。

www.youtube.com

いかがだろう。
お世辞にも美しいとは言えないチンチクリンな女性4人が曲に合わせて愉快に歌ってるCMだ。
福岡県民は観た事があるかもしれない。

このCMは福岡のテレビ局、RKB毎日放送で流れる住宅展示場案内のローカルCMだ。
主に夕方、深夜に流れる事が多い。

続いてこちらの二つのCMを見ていただこう。

www.youtube.com

www.youtube.com


いかがだろう。

先ほどの動画とほぼ一緒だが、変わったところは、小倉北・小倉南・観に行こう。の部分である。
その他は音楽が全く一緒でその変化している部分を聴くまではどのverなのかが分からない仕様になっている事がわかるだろう。


これが俺の人生を狂わすのだ。


問題点はこのCMが小倉北・小倉南・観に行こう。の3種類が完全にランダムで流れる事にある。


正確には

小倉北で住宅展示場をやってる際は小倉北 。
小倉南でやってる際は小倉南。
両方やってる際は観に行こう、小倉北、小倉南。

をランダムで流す形だと思うのだが俺はRKB住宅展マニアでもないので、そんな事もちろん把握などしていない。

小倉というのはご存知のとおり九州で一番本州に近いまさに九州の入口で、博多から小倉へ行くには電車で約1時間、新幹線で約20分の距離がある。
市内在住の俺に小倉の状況などすぐには理解できないのだ。


そんなシティボーイの俺は、このCMが流れると出だしの「アールケービー住宅展♪」の部分で 、

これは小倉北だ!!
いや、でも小倉南かもしれない!!!
いやいや、俺の心を読まれて観に行こうでくるかもしれない!!!

と、俺に究極の3択を迫ってくるのだ。


さらにこのCMのいやらしい部分は、3択の答えを出すまでの時間が3秒しかないという事である。
3秒という時間は本当にあっという間だ。
CMは唐突に流れてくるので、テレビからアールケービー♪と聞こえてきたら瞬時に俺は3択を迫られる事になる。

そしてCMが流れるパターンは完全にランダムなのだ。
小倉北が流れたら次は小倉南、観に行こうの順番みたいな法則もない。
小倉北が3連続で流れたと思ったら、いきなり小倉南だったりする場合もある。
観に行こう2連続の後に小倉北、そして観に行こうに戻るみたいなパターンも存在する。


毎回このCMが流れたら俺は必ずテレビに向かって、小倉北!!
などの自分が瞬時に導き出した答えを叫ぶのだ。


そしてそれを見事に的中した場合は歓喜する。そして外した場合は絶叫する。
このCMは深夜にかなりの高頻度で流れるため、連続して5連続で外した時なんかはもうベッドの上で悶絶し苦しむ。

CMの最後に女性4人が近づいてきて笑顔を見せてくるが、その笑顔が3択を外した俺に

だっせーwwwはずしてやがるwwwま、次は当てろよなwwwwww

と画面越しに言っている気がしてめちゃくちゃイライラするのだ。
連続で外した時なんかはあまりのショックで寝つきも悪いし、寝たとしても夢の中でアールケービー住宅展♪のリズムが離れないのだ。

CMの女性4人が俺の夢の中で永遠に踊っているのだ。
永遠にこの4人が俺の脳内で永遠と踊っているのだ。

f:id:jis_cre:20190708184610j:plain

悪夢以外の何者でもない。


逆に連続して当てた時なんかは、そりゃもう浮かれちゃうね俺は。
まるでこの女性4人を全員俺の精液で孕ましてやったくらいの達成感、充実感が俺の脳内を駆け巡る。


このCMは一種の薬物に近い。

これはRKB住宅展の俺に対する挑戦状なのだ。
俺はこの挑戦状に立ち向かわなければならない。

このCMをここまで熱心に観てるのは日本探しても俺くらいだろう。
しかし今こそ俺らはこの挑戦状に立ち向かわなければならない。
この記事を読んだ福岡県民、もしくは観光で福岡に訪れた際などは是非このCMが繰り出してくる究極の3択に挑戦してみてほしい。
かなりの中毒性がある。
3択を制した時の達成感を味わってほしい。

ではまた。

次回の記事も全力で読め!そして感じろ!!じゃあの!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました