2019年を振り返る〜エロゲ編〜

どうもジスさんです。

さて今回のテーマは、2019年を振り返る〜ゲーム編〜。
ということで早速書いていきましょう。

早いもので2019年も終わりを迎えようとしている。
今年はおまいらにとってどんな年になっただろうか。

2019年コンテンツを振り返るこのシリーズ。
今回のジャンルはエロゲだ。


エロゲに至っては先に総評から言わせてもらう。

やはりエロゲはもう完全にオワコンだろう。


前に近年のエロゲを散々ディスったが、やはり今年もダメだった。

近年のエロゲをディスりちらかした記事はこちら。

俺が俺である理由
俺が俺である理由
https://jistance.com/%e3%82%a8%e3%83%ad%e3%82%b2%e3%81%ae%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c%e3%81%a8%e3%82%a8%e3%83%ad%e3%82%b2%e6%a5%ad%e7%95%8c%e3%81%8c%e3%82%82%e3%81%86%e5%ae%8c%e5%85%a8%e3%81%ab%e3%82%aa


まず今年、俺はエロゲ3本しかやってない。月に7〜8本消化していた頃がもはや懐かしい。
エロゲに対するモチベが下がってるのもあるが、それだけではない。

抜きゲーはまだかろうじて息はしているが、非抜きゲーがもはや息をしていない。
数字見てもわかるけど、売れてるのはロープライスの抜きゲーがほとんどである。
売れてるって言っても、とても誇れる数字でもないけど。

しかし抜きゲーはめったにやらない俺にとっては悲しい限りである。
正直抜きゲーもこのご時世、時間の問題な気はしてる。

フルプライスではもう勝負できる業界ではない。
紙芝居ゲー好きな人はまだいっぱいいるから、もう非エロでコンシューマーのがいいと思うよ。

エロゲは昔の黄金期の名作たちをプレイするほうがよっぽど時間を有意義に使えると思う。



とは言いつつも2019年総評なので、今年プレイしたエロゲを簡単に紹介していこうと思う。

D.C.4 (CIRCUS)

エロゲといいつつ、いきなり非18禁を持ってくるあたりお察しくださいってかんじ。
ご存知、曲芸商法でお馴染みのダカーポシリーズ新作である。

個人的には、OPムービーが公開されて、チンポユー(^q^)ってバカにしてたし、期待してなかったけど結構よかった、という印象。

杉並は相変わらずだし、往年のダカーポシリーズをプレイしている人なら問題なく読める。
個人的に初代には敵わないけど、2とか3よりは好きだった。

しかしどうせ今後いつもの曲芸商法で、いろいろファンディスク出してくるんだろうけど、そこまでやる気にはなれないね。最近PS4とかSwitchに移植されたから気になるならやってもいいかと。

アオナツライン (戯画)

THE 普通 SIMPLE2000シリーズ。

OPはKOTOKO。ここは評価できる。
EDの曲もクリアした後に聴くと感情移入できてすごくいいと思う。

肝心のストーリーは、もう本当普通。ユージュアリー。50点。
甘酸っぱい恋愛ものといえば甘酸っぱいが。
恋愛し、葛藤し、終わり。ただそれだけ。

短編だから仕方ないけど、海希のルートの内容を濃くして海希のルートだけでよかったんじゃないかな。

俺も高校時代こんな恋愛してみたかったね。

恋愛、借りちゃいました (Asa Project)

微妙としかいいようがない。

ルートによって主人公のキャラが違いすぎる。そのわりに共通ルートの主人公はどんでもなくバカでウザい。
まぁヒロインとのやりとりでちょいちょい笑えるが、まぁそれだけってかんじ。
サブキャラのが可愛い。サキがめちゃくちゃ可愛かった。

俺Asa projectのゲーム全部やってるわけじゃないけど、良くも悪くもいつものAsa projectってかんじ。

よっぽど暇を持て余して、ワゴンに投げ売りされててもAsa project信者以外やる価値はない。
そもそも信者は発売日に買ってるか・・・。



さて、今年俺がプレイしたエロゲを散々ボロカス言ってきたが、正直言い足りないくらいだ。

エロゲ業界は本当にヤバイ。

しかし来年。令和2年。
割と個人的にも期待してるビッグタイトルが何本か発売決定している。

マジで正念場。

割と古参エロゲユーザーの俺としては、エロゲのいいところも伝えたいんだ。
マジで来年は期待してる。

ではまた次回。

☆☆ランキング参加中。クリックお願いしますー☆☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へ

☆☆ランキング参加中。クリックお願いしますー☆☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へ

アニメ・エロゲの話
スポンサーリンク
俺が俺である理由
タイトルとURLをコピーしました