ジスさんのエロゲ語り〜第24回:グリーングリーン3 ハローグッバイ

エロゲの話

どうも、ジスさんです。

さぁ今週もやってまいりました。

ジスさんエロゲ語りコーナーのお時間です。第24回目です。

このコーナーは総エロゲプレイ本数約450本のエロゲライトユーザージスさんが、毎週月曜日に週替わりで懐かしさを感じながら好き勝手エロゲを紹介していこうというコーナーである。

グリーングリーン3 ハローグッバイ

第24回に選んだ作品は“グリーングリーン3 ハローグッバイ”

2005年にGROOVERから発売した作品。通称”グリグリ3”

第22回で紹介したグリーングリーン、第23回で紹介したグリーングリーン2の続編で一応最終章。

再び祐介が主人公となり、鐘ノ音学園の3年生となった最後の一年にスポットを当てたストーリー。最後の一年といえば卒業であるが、恋愛や友情などを盛り込んだ青春物の名作である。

基本情報

GROOVERより2005年に発売。

絵:片倉真二 くろたま商会

シナリオ:ヤマグチノボル・美南風悠・Team NGX

OP:ハローグッバイ Vocal:佐藤裕美

あらすじ

祐介たちも3年生となり、卒業までのカウントダウンが進む2学期のはじまりである。

恋人同士となった祐介と双葉は喧嘩が多い中もなんとか恋人という関係を続けていた。

そんな中とある理由で女子寮が爆発する。

臨時で男子寮に女子が住むことになり、男女ひとつ屋根の下での生活が始まる。

そんな中幼なじみが転校してきたり。

天神の妹が入学してきたり。

最高の青春学園ストーリーの最終章はこんな状態でスタートする。

恋とキスの答えはここにある。

主要人物

※公式サイト消滅のため画像は各所で集めた。

高崎 祐介

本作の主人公。

双葉と恋人同士であるがどうやら最近関係がうまくいっていない。恋愛と卒業の間に挟まれ祐介は葛藤している。

朽木 双葉

メインヒロインの一人。

祐介と付き合っているが、あまり関係はうまくいっていない。

樫谷ちとせ

祐介の幼なじみである。鐘ノ音学園が共学になったことを知り、祐介に会いたいが理由に転校してくる。

グリーングリーン シリーズはちとせがいたから面白かったと思えるほど重要キャラ。

天神 葉月

天神の双子の妹。1年生。

物怖じしない性格で活発。格闘センスが相当。将来の夢はスーパーモデル。

天神 花月

天神の双子の妹。1年生。

他人の考えていることがわかる能力を持っていて、そのおかげでいつも頭痛に悩まされている。

葉月に比べるとおしとやかではあるが、キレると葉月でも手に負えない。

美杉 舞

元芸能人であるが、鐘ノ音学園に転校してくる。

クラスメートなどとはあまり話さず、基本的に裏山で授業もサボっている。

とある理由から男に触れられると異常なまでの拒否反応を示す。

バッチグー

前作の3バカトリオの一人。今作も健在。

口癖が『バッチグ〜っしょ!』であることからバッチグーと呼ばれている。

一番星

前作の3バカトリオの一人。

冷静さと機転に長けるがバカ。でもいいやつ。

天神

前作の3バカトリオの一人。

ロリコン。ごわす。ロリコン。涙もろい。ロリコン。

ジスさん的評価

音楽:★★★★★★★★★★
難易度:★★☆☆☆☆☆☆☆☆
シナリオ:★★★★★★★★★☆
おすすめ度:★★★★★★★★★☆

総評:93/100

シリーズの集大成。

最高と言わざるを得ない。

シリーズを通してひとつの学園ストーリーを観ることができたことを嬉しく思う。

今作は集大成ということもあり過去のヒロインやサブキャラも多く登場するのも魅力的だ。

2のキャラなんかも登場した時は嬉しかったね本当。

シナリオは5ヒロイン分存在するが、双葉とちとせだけは別格。
やはり初代から関係性のあるヒロインには思い入れが深い。

とはいいつつも残りの3キャラも決して悪いわけではなく今作品らしいストーリーに仕上がっている。(舞だけはちょっと重い。)

EDによってサブキャラの3バカトリオたちの卒業後の進路も変わるのも個人的には面白いところで、サブキャラにも魅力のあるグリーングリーンシリーズファンにとっては嬉しい。


シリーズ恒例の主題歌も本当に素晴らしい。

PCゲーム『グリーングリーン3 ハローグッバイ』オープニングムービー

疾走感の中にも、どこか切なさが残る歌詞とリズム。本当に大好きで今でも聴いていたりする。

ED曲もどの曲も本当に心に残る。個人的には花月ルートのED”オルゴール”が花月と合ってて好きだったりする。

祐介たちの入学から卒業までを是非皆さん自身で味わい、感じてほしい。

ジスさんとグリーングリーン3 ハローグッバイ

何度も言っているがこんな青春を送りたかった。

ただそれだけである。高校一年生の時にプレイした俺は、こんな青春時代を送る予定だったのだが現実はお察しである。

ちとせルートは本当にいい話なので普通に泣けるんだけど、各ルートの祐介たちが卒業した時のCGが自然に涙を誘ってくるんだよね。

卒業って学校生活でもっとも嬉しい瞬間であり悲しい瞬間であると思うんだよね。俺は高校時代さっさと卒業式終わって帰ってエロゲしたかった人なんだけど、グリーングリーンシリーズのような学園生活だったら感動で泣いてただろうなぁと思ってる。来世に期待。

それにしても本当いい作品なんです。

本当初代からぶっ通しでプレイしていただきたいです。

終わりに

というわけでグリーングリーン3の紹介でござった。

しかしまだまだ続くぜ。まだグリーングリーンの世界は終わっちゃいねぇ。

次回も楽しみに。

☆☆ランキング参加中。クリックお願いしますー☆☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へ

☆☆ランキング参加中。クリックお願いしますー☆☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へ

エロゲの話
スポンサーリンク
俺が俺である理由
タイトルとURLをコピーしました