ジスさんのエロゲ語り〜第25回:鐘ノ音ダイナティック

エロゲの話

どうも、ジスさんです。

さぁ今週もやってまいりました。

ジスさんエロゲ語りコーナーのお時間です。

第25回目です。

このコーナーは総エロゲプレイ本数約450本のエロゲライトユーザージスさんが、毎週月曜日に週替わりで懐かしさを感じながら好き勝手エロゲを紹介していこうというコーナーである。

鐘ノ音ダイナティック

第25回の作品は“鐘ノ音ダイナティック”

2006年にGROOVERから発売した作品。

第22回で紹介したグリーングリーン、第23回で紹介したグリーングリーン2、そして第24回で紹介したグリーングリーン3のファンディスク的な立ち位置にあたる作品。

再び祐介が主人公となり、あの青春ゲーが帰ってくる。

基本情報

GROOVERより2006年に発売。

絵:片倉真二 くろたま商会

シナリオ:Team NGX

OP:グラスホッパー Vocal:UR@N

あらすじ

山奥の全寮制男子校”鐘ノ音学園”に通う主人公”高崎祐介”と友人たちは、女の子のいない環境で悶々と過ごしていた。

そんな中来年度からの学園共学化に向けて試験的に1カ月間60名の女子生徒が編入することとなる。

このチャンスに彼女を作りたいと色めき立つものの女子に免疫の無い祐介たちは、やってきた女子生徒たちとドタバタの学園生活を過ごしていく。

主要人物

※公式サイト消滅のため画像は各所で集めた。

高崎 祐介

本作の主人公。

鐘ノ音学園生のなかでも割と常識人である。全寮制男子校、鐘ノ音学園で楽しく生活を送っていたが、共学プロジェクトが始まってから彼女を作ろうと奮起する。早漏。

山咲 枝理

マイペースなキャラで、趣味は家事。

過去にとんでもない経歴がある。

月森 こずえ

「古代帝国の王女の生まれ変わり」を自負する自由奔放なキャラ。

祐介をお気に入りの下僕扱いする。

楠木 かおり

ストーカーの如く祐介や学園の男子たちに付き纏う。

忍者。

伊吹 美菜

鐘ノ音学園の英語教師。しかし教員免許は持っていない。

趣味はギャンブル。

バッチグー

前作の3バカトリオの一人。今作も健在。

口癖が『バッチグ〜っしょ!』であることからバッチグーと呼ばれている。

一番星

前作の3バカトリオの一人。

冷静さと機転に長けるがバカ。でもいいやつ。

天神

前作の3バカトリオの一人。

ロリコン。ごわす。ロリコン。涙もろい。ロリコン。

ジスさん的評価

音楽:★★★★★★★★★★
難易度:★★☆☆☆☆☆☆☆☆
シナリオ:★★★★★★☆☆☆☆
おすすめ度:★★★★★★★★☆☆

総評:85/100

冒頭にも書いたとおり、グリグリシリーズのファンディスク的な立ち位置。

正確に言うなら初代グリーングリーンのPS2移植版の、グリーングリーン 鐘ノ音ロマンティックグリーングリーン 鐘ノ音ダイナミックのPC逆移植版。

ロマンティック版のキャラは切なさを売りにしているが、案の定枝理こずえのシナリオは重い。(特に枝理)

ダイナミック版のキャラはバカ騒ぎをテーマにしていて、かおり美菜は結構好きなシナリオのキャラ。

ここまでだけではただの新しいアナザーワールドのグリーングリーンだが、この鐘ノ音ダイナティックはグリーングリーン初代キャラのアフターストーリーが書き下ろしされているのだ。

早苗にまた会えるのだ。

その他のキャラのアフターもあるが、俺は早苗のアフターが見れただけでも十分やる価値があると思う。まさにグリグリファンのための作品。

GROOVER恒例のOP曲の気合いの入りっぷりは毎度の如く。

グリーングリーン 鐘ノ音ダイナティック OP 『 グラスホッパー 』

やっぱいいよなぁUR@Nは。

ジスさんと鐘ノ音ダイナティック

正直グリグリシリーズプレイ済で、グリグリシリーズが好きなら絶対やっておくべき作品。

逆に言うならそれ以外の人にはあんまりオススメはできない作品でもある。

しかしグリーングリーンシリーズが好きで、鐘ノ音ダイナティック未プレイの人にはぜひともプレイしていただきたい作品である。

同梱しているライブ映像も必見。

グリーングリーンの全てをこの作品で体感してもらいたい。

終わりに

というわけで鐘ノ音ダイナティックの紹介でござった。

長い長いグリグリシリーズも今回で終わり。次回からはオバイブ作品行くか、他作品行くか迷いどころ。

ではでは次回も楽しみに。

☆☆ランキング参加中。クリックお願いしますー☆☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へ

☆☆ランキング参加中。クリックお願いしますー☆☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へ

エロゲの話
スポンサーリンク
俺が俺である理由
タイトルとURLをコピーしました