2021年冬アニメ個人的総評

アニメ・ゲームの話

どうも、ジスさんです。

毎期恒例にしていきたい今期放送アニメ総評まとめ&個人的感想のお時間です。

今期放送終了したアニメで俺が追ってた作品の感想を書きつつアウトプットしていく回。

今回は2021年冬アニメです。

※個人的な感想なので苦情等は一切受け付けません。

また2クール以上放送予定で現在も放送中のバックアロウ、ダイの大冒険などは今回含めてないです。あくまでも2021年3月に終わった作品で追ってた作品を抜粋しています。

ていうかバックアロウもダイの大冒険も最高に面白いから皆も見よう。

9点以上で名作。

8点以上で非常に楽しく視聴できた。

7点以上でまぁまぁ楽しく視聴できた。

くらいの基準で勝手に点数つけてますが、まぁまぁ適当です。

総評

めちゃくちゃよかったシーズン。

面白いアニメはとことん面白い。面白くないのはとことん面白くないというのはいつもどおりだけど、面白いアニメがめちゃくちゃ面白かった。

最初は観るの少ないだろうなぁとか思ってたけど、蓋を返してみたら意外に毎日ちゃんと観る作品があったなぁと。

ではアニメ別感想とか。

のんのんびより 3期

7点/10点

のんのんびよりの3期。原作と綺麗に終わったとのことで悲しんでいるファンも多いのでは。

俺自身原作は未読でアニメだけの感想だが、まぁいつもののんのんびよりではある。

これ1期、2期の頃から思ってたんだけど。このアニメ毎回終わるたびにちょっと切なくなるというかサザエさん的効果があるのなんでだろうね。

毎度の如くの癒し枠。何も考えずにまったり観るのにはオススメ。

ひぐらしのなく頃に 業

8.5点/10点

全く新しい雛見沢へようこそ-。

ご存じ大人気同人ゲーム、『ひぐらしのなく頃に』のアニメ版第2弾。

ひぐらし業については何回か個別で記事を書いてたけど、毎週毎週ワクワクしながら本当楽しませてもらった。

最初はリメイクかと思いきや、途中で完全新作だという発表を皮切りにボルテージは最高潮。

前作のひぐらしのなく頃に、うみねこのなく頃に、の内容をすべて把握している勢にとっては毎週本当楽しかったんだけど、業で初めてひぐらしに触れた人はどういう感想を抱くのかが気になる部分ではある

肝心のストーリーは、まぁ特性上無限にストーリーは作れちゃう話ではあるので、これはこれでありなんじゃないかと。ひぐらしは原作以外にも漫画やOVAでいろんな別世界の雛見沢を見せてくれてたけど、これもそのひとつと考えると楽しい。

昭和58年以降の世界の惨劇は予想できない展開だったね。そして成長した動いてるキャラクターたちが観られるってのがすごくよかった。

沙都子が梨花の記憶の欠片を全部見て抱いた感想に関しては「沙都子wwおめぇそりゃねぇわww」って思ったけどやっぱり沙都子は可愛いし全部許せちゃうのですよにぱー☆

夏から解答編「ひぐらしのなく頃に卒」がはじまるので、それに向けてもう一回見返すのもありやな。

昭和58年の惨劇を阻止して、誰もが成長していく世界線で、成長したくないと感じる沙都子。どんな
結末になることやら。

07th作品は本当昔から思い入れがあるくらい大好きなので、この調子でうみねこのなく頃にも完全新作で、いや、ep6までは原作どおりでep7から完全オリジナルストーリーでもう一回アニメ作らないですかね。もしくはコミック版をそのままアニメ化してくれてもいい。ついでにキコニアのなく頃にも。

とにもかくにも半年間、毎週のように楽しませてもらった作品。
3ヶ月後また会おう。

解答編が観れるまで死ねねぇわ。

怪物事変

7点/10点

人間と屍鬼の間に生まれた半妖の少年カバネが、周りの半妖たちと繰り広げる物語。

可もなく不可もなく。本当普通。イヌガミさんは結構好きなキャラだけど、そのほかのキャラが個人的にあまり魅力的に感じなかった。

ただ、終わり方はすごく綺麗にまとめててよかった。あきらかにガンダム操縦してそうな見た目のあきら君のお兄ちゃんとあきら君の楽しそうな姿が見れて何よりである。

原作は未読なんだけど、どう考えても続きがありそうな終わり方なので2期きてほしい作品。できれば連続2クールでもっと観たかった作品でもある。

ウマ娘プリティダービー 2期

8点/10点

2月より待望のゲーム配信もはじまり、ますます人気に火がついたウマ娘のアニメ2期。

1期同様、いや、1期を遥かに凌駕して面白かった。

特に後半怒涛の盛り上がりからの最終話の流れはすごくよかったね。よくある王道展開で展開だいたいわかってても画面に釘付けになっちゃうのは本当あっぱれ。

3期あるのかな。あるよね。期待。

ちなみに俺はゲームはやる予定はないです。

裏世界ピクニック

6.5点/10点

実話会談が実際に存在するとされる裏世界。主人公の空魚は裏世界の入り口を発見し、とある理由で裏世界を探っている鳥子と出会って二人で裏世界を探検していくアニメ。

監督が佐藤卓哉で怪談ものということですげぇ面白くなりそうで期待してたんだけど中途半端なかんじが否めない作品。徐々に百合要素が強くなってきて、これ結局百合アニメやんけ!!ってかんじだったのが非常に残念。

ただ謎だらけの前半から徐々に世界の仕組みがわかってくるかんじは嫌いじゃない。

あとタイトルは裏世界サバイバルに変えたほうがいいと思う。

真・中華一番!

7点/10点

おなじみ中華一番。正直ようやく終わった感。

昔の中華一番好きだった勢としては、特に昔と変わった点はあんまりなかったんだけど安心感はあった。話はやっぱり面白い。

ただ新規を取り込むというよりは、俺と同じ三十代前半くらいからの昔の中華一番世代のおっさんが、同年代で集まってワイワイ言いながら観るのに適したアニメに感じた。これで新規取り込むのは無理がある。

とは言いつつも、個人的には普通に楽しく視聴できたのでよかったです。中華料理食いたい。

Re:ゼロ 2期

7.5点/10点

ようやく2期も終わった。終わっちまった。


ロズワールざまぁぁぁぁぁwwwwwwww

と思いつつも最終回までわくわくが止まらず楽しく視聴できました。ちょっと謎は残るけど比較的綺麗に終わってよかった。


最初は本当ダメな子だったスバル君も立派になって。今回はほぼエミリア回のように感じたけど、青の子は結局・・・

まぁ3期もそのうちくるだろうし、気長に待とう。

ワンダーエッグプライオリティ

9点/10点

タマゴを割って世界を変えろ。

不登校の主人公、大戸アイは散歩中に謎の声に導かれエッグを入手する。異世界でエッグを割ると中から少女が現れ、少女を襲うワンダーキラー・ミテミヌフリを倒し目的を達成することで死んだ人を生き返らせることができると悟る。

とある少女は死んだ親友を。とある少女は妹を。とある少女はファンを。とある少女は自分に恋愛感情を持っていた少女を生き返らせるために戦うアニメ。



本当は9.5点くらいつけたいんだけど、完結してないためこのくらいで。

野島伸司初アニメ作品ということで放送前からもめっちゃ楽しみにしてたし、めちゃくちゃよかった。考察が捗るアニメ。

自殺した最愛の人たちを生き返らせるために少女たちが戦う作品。

SNSでのいじめ、未成年の自殺、という現代における社会問題の数々を、4人の少女たちの心の成長と同時に、アニメでしか表現できないファンタジー要素も取り入れて描いている。

ここ10年で心臓が震えた作品ってヴァイオレットエヴァーガーデンとこれくらい。本当にありがとう。

スケジュールも切羽詰まってたとのことで最終回はご存じのとおり何も解決していないまま終わったが、6月に特別編が出るとのことで、そこで完結ですかね。楽しみすぎる。

ワンエグに関しては近いうちに考察記事を書きたい所存。ていうかやっぱ考察が捗るアニメが大好きなんだよね。

IDOLY PRIDE

6点/10点

関東郊外にある星見市にある小さな芸能事務所、星見プロダクションより結成された10人のアイドルアニメ。

まぁあれだよね。ちょっと放送前は期待してたんだよね。

キャラ設定はすげぇよかったと思う。

お?似たような設定でマンネリ化してるアイドルアニメに新しい風が~???!!!??みたいな。

でも蓋を開けてみれば本当よくあるアイドルアニメ。ぶっちゃけQPのおかげで観れたようなアニメではある。

でも最終回はキッチリ綺麗に終わらせてくれて、サヨナラから始まる物語は今までの展開もあって本当に名曲。

ホリミヤ

7.5点/10点

たった今最終回終わった状態でそのまま書いているからホット。

学校では陰キャだけど、めっちゃピアスとか刺青入ってる堀くんと、学校では華やかだけどすごく真面目な宮村さんを中心にいろんなキャラの心情を描いた恋愛アニメ。

思ってた以上によかった。

ゆっくり進んでく恋愛ものではあるんだけど、あのカット割?っていうのかね。キャラそれぞれの絶妙な表情の変化を細かく表現してて、各々のキャラが今何考えてるのかがわかりやすいんだよね。

ゆえに万人受けしやすい作品だったと思う。アニメ普段観ない人に特にウケそう。

恋愛アニメにありがちな付き合うまでの展開は面白くて、付き合いだしたら後半ダレてくる展開は、他キャラにうまいことスポットを当てつつメインのホリミヤの進展もうまいかんじに描いてて不思議と終始飽きずに視聴できた。


最終回は恋愛だけでなく、青春にもフォーカスをあてており、ちょっとの勇気、行動、偶然が変わることで人間関係や自分の行動、心が変わるということをとてもわかりやすく視聴者に訴えかけてきて本当によかったです。

ただ、俺のように闇のような高校生活を送ってきた身&心が腐敗してる人間は、この手の清い恋愛アニメ観るとなんて言っていいかわからない感情に陥る(おっさん)

若者よ。青春時代は楽しく過ごせ。

ゲキドル

7.5点/10点

演劇+アイドルが組み合わさった珍しいタイプのアイドルアニメ


かと思いきや、なんかもういろいろ要素合わせすぎてごっちゃごちゃの考察系アニメであるwww


考察系は大好きなんだけど、本当ゲキドルに関しては急展開すぎるし、一貫してのテーマも曖昧なかんじで特に中盤までは地獄。本当意味わからんし無駄なパンチラ多いし。

ただ最終回には今までの伏線(と言っても数話前からある程度は予想できてる)を綺麗にまとめてくれたのはよかった。中盤までは本当わけわからんけど頑張って見続けると最終回で評価がガラっと変わる。

と言ってもアニメって頑張って観るものでもないので、多分今後映画化とかもしないだろうし観なくてもいいかと。

枕営業アニメとか言われてるの間違ってないけど可哀想。まぁパンチラとかちょっとエロいシーン多いし、キャラデザがロリ界隈ではお馴染みの関谷あさみだし言われてもしゃあないかと。

WUGで学んでほしいんだけどアイドルアニメにパンチラとかエロ要素とか求めてないんよ。

大人って汚いよねぇ。

とはいえトータルで観ればクソだけど最終回は面白かったという不思議な作品。

はたらく細胞!!

7点/10点

ご存じ、俺たちの身体の中の細胞が如何にして身体を守ってくれているかを表現した教育的アニメの第二期。

1期同様、このアニメでいろいろな細胞をお勉強しましょう。

新キャラも複数いて良き。

はたらく細胞BLACK

8点/10点

はたらく細胞2期と同時に放送されたこちら、はたらく細胞BLACK。

まさかのBLACKのほうが面白いという。

ブラック企業で働く人間の体内の細胞たちもやはりブラック企業で、飲酒、喫煙、睡眠不足、ストレス。これらによって身体におこる症状などを勉強できる、俺たち専用アニメ。

大人は確実にBLACKのが面白いと思う。

ていうか俺の体内でもこんな状況なのでは、とか思うと割と恐怖感漂ってくる。頼んますよ俺の体内の細胞たち・・・

話全然変わるけど、BLACKのロゴがどう見てもBLACKLAGOONです。どうもありがとうございました。

回復術士のやり直し

6点/10点

貧乏な家庭に産まれながらも勇者に憧れる少年ケヤルだったが、実は癒しの能力を持った勇者だった。というわけで冒険に出る。

でもケヤルの回復能力があんまり役に立たないため、一緒に旅をしているフレアやブレッドにシャブ漬けにされて虐待されて性奴隷にされる毎日。ほんで精神おかしくなったフリして仲間を裏切って超人的能力を手に入れて俺最強!!ってアニメ。

主人公の見た目完全にラ●スみたいなあれ。まぁそれ以外にもパクリ疑惑とか色々騒がれてたけど、エロ漫画や同人界で人気のしおこんぶ(LAMINARIA)が絵師をやってるということでまぁまぁ楽しみにしてたんだけど、最初ちょっと面白かったけど後半飽きてきた印象。

主人公が悪。って設定はまぁ最近では珍しくないし結構好きなんだけど、エロに全フリしてるからストーリーがあんまり入ってこない。

結局はただのエロ枠。無修正版を観たいなら円盤買ってねというメッセージが伝わる。定期的にこういう商法するアニメ出てくるよね。

今の青少年がこのアニメでシコってるのを想像してシコるのが俺としては楽しい(?)

EX-ARM

5点/10点


どうしてこうなった。

これに尽きる作品。

ネットでも「令和の時代にセガサターン」などと散々ネタにされていたが、作画がヤバい通り越して異次元。CG技術は良さそうだけど、アニメーションがヤバイのかどうなのか。とにかく異次元。

そのおかげで内容より作画が気になりすぎて戦闘シーンやシリアスシーンで笑いが止まらんという、ある意味ギャグアニメより笑ってる時間長かったと思う。

あまり内容が入ってこないながらも、ストーリー自体は結構盛り上がる展開で面白かった。

でも具体的にどこが面白かったのかって聞かれるとパッと出てこないし、結局は作画で笑ってただけのアニメ。

でも早く次回の作画が見たかったのでそういった意味では成功しているのではなかろうか(失敗です)

原作絵は普通に可愛いし、今度ブックオフかなんかで原作立ち読みしようと思っている。(購入はしない)

たとえばラストダンジョン前のなんたらかんたら

4.5点/10点

ラストダンジョン前の村出身の主人公、ロイドが、実はめっちゃ強いのに本人はその強さに気づいてない天然っぷりでいろんな人を助けたりするアニメ。

もうびっくりするくらいつまらんかった。この一言に尽きる。あとタイトルが長い。でもマリーは可愛い。

自分自身は気づいてないけど実はめっちゃ強いやんけ~!!的な主人公は結構好きなほうなんだけど、ロイドは駄目だった。でもマリーは可愛い。

なんでだろう。見た目かキャラ設定か。ていうか最後まで自分がめっちゃ強い自覚ないの逆に面白いよね。いやいい加減気づけよみたいな。でもマリーは可愛い。

ストーリーもグダグダしてるし、終始盛り上がりがらないしとにかく残念。でもマリーは可愛い。

ていうか何で最後まで観てたかが謎。でもマリーは可愛い。





以上でございますー。

実質ワンエグ、ひぐらし、そんでもって2クール目突入のバックアロウ3強。といったかんじ。そして呪術とかD4DJ途中で観るの辞めたの本当お許しくださいってかんじ。


春アニメはバトルアスリーテス大運動会、ゾンサガ、フルバFinalあたりの個人的に楽しみにしてるアニメが控えてるけど、トータルで観ると最後まで観るアニメそんなに多くない印象。

と思ったけどすでに1話放送されたDYNAZENONとvivyがいいかんじだったわ。春アニメも楽しみじゃい。とりあえず毎度の如く、次回も数話は全アニメ観てそっから途中で断念していき残ったアニメが3ケ月後ブログで紹介していくスタイルです。

それではまた3ヶ月後にお会いしましょう。

☆☆ランキング参加中。クリックお願いしますー☆☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へ

☆☆ランキング参加中。クリックお願いしますー☆☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へ

アニメ・ゲームの話
スポンサーリンク